なぜ残留農薬を除去しないといけないのか

残留農薬除去は必ずしましょう。それには専用の水ベジセーフがおすすめです。

 

 

農薬には菌やウイルスの防除に用いる殺菌剤、虫などの防除に用いられる殺虫剤、雑草の防除に用いる除草剤、農作物の生理機能の増進をする成長促進剤、抑制をする発芽抑制剤などがあります。同じ作用を持つものであっても、蝿、・蚊、ごきぶりなどの防除に使われる家庭用の殺虫剤は、法的には農薬としては扱われません。

 

農薬は、農林水産省農薬検査所で検査を受け、農林水産大臣の登録を受けてはじめて製造販売することが許されます。

 

また、農薬取締法、食品衛生法、毒物及び劇物取締法などの法律で使用が規制されています。

 

ただし生き物を殺す作用を持つものですから、人や動物、植物にも影響します。

 

特に問題なのは、収穫されたあとまで残っている農薬、つまり残留農薬で、発ガン性、遺伝毒性奇形性などが心配されます。

 

農薬のなかにはダイオキシンを発生させたり、環境ホルモン作用を持つものもたくさんあります。環境庁では1997年、環境ホルモンの疑いがある67種の化学物質をリストアップしましたが、あげられた数が最も多いのが農薬なのです。

 

そんな危険な残留農薬を簡単に除去するのがベジセーフです。詳しくはこちらで。

 

ベジセーフの通販での注文や購入方法、購入時の送料はどのくらいかかるのか、無料になるのか、お試しセットがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Facebook、Twitter、などのSNS、公式サイト、@コスメや楽天、amazon、ドラッグストア、薬局、店舗、などの情報を調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試し、無料サンプルやトライアルの体験談や評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にベジセーフを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値や格安価格お得な割引などベジセーフについての購入時のお得情報も調べています。