ピーマンやなす、きゅうり、かぼちゃについた残留農薬を落とす

ピーマンやなす、きゅうり、かぼちゃについた残留農薬を落とす

 

ピーマンやなす、きゅうり、かぼちゃなどよく食べる野菜についた残留農薬を落とすには、ベジセーフが一番効果があります。やはりこれが一番手っ取り早く、確実に残留農薬を落とす方法ですが、以下の方法も手間がかかりますが効果はあります。

 

ベジセーフについてはこちらから

 

 

ピーマンについた残留農薬を落とすには

ピーマンは流水で洗ったら、いためもの、肉詰め々どどんな料理でも必ず切って一度ゆでて。ハウスやトンネルで栽培されることが多いため農薬も多くなりがちで、特に殺虫剤の不安が高いからです。ゆでれば表皮下に残留している不安な農薬も切り口から出ていきます。そのあとは冷水にとって冷ませばOK。めんどうでも歯ざわりが多少落ちても、そこは「安全」を優先させて。

 

なすの残留農薬を洗い落とすには

なすはアク抜きがポイント。もともと病害虫に強く、生育期問も比較的短いので、農薬の不安はそれはどない野菜ですが、アク抜きでさらに安心できます。流水で洗い、切ったら水や塩水にさらしましよう。できれば水が黒ずんでくるまでさらすこと。アクを抜くことで、表皮下に残留している不安な物質を落とすことができます。切り方が薄ければ薄いほどクチクラ層の露出面積が大きくなり、除毒効果も高くなります。

 

きゅうりの残留農薬を洗い落とすには

きゅうりはハウスものが多く、ハウス栽培は露地ものより殺虫剤の残留が心配です。しかし逆に大気中のダイオキシンによる汚染は少ないといえるでしょう゜まず流水の中でよくこすり洗いし、表皮の不安な物質をしっかり落とします。そして、まな板にのせて塩をたっぷり振り、両手で転がして。板ずり”をします。塩できゅうりに傷がつきますから、表皮下のクチクラ層にしみ込んでいた農薬も出やすくなるわけです。あとは、再びきゅうりを流水の中で洗い、塩を落として調理します。

 

かぼちやの残留農薬を洗い落とすには

皮をところどころむき、煮物でも一度ゆでこぼすかぼちやはビタミンA・B1・B2・C、カルシウムなどをバランスよく含む優等生野菜で、離乳食の定番でもあります。自然な甘みが子どもにも好かれますね。かぼちやはもともと病害虫に強いので、国内産であれば農薬の不安はそれほどありません。しかし、輸入物にはポストハーベスト農薬の心配があります。流水の中でたわしでゴシゴシ皮を洗ったら、かすりむき(包丁で皮をところどころむく)をしましょう。これは煮くずれを防ぐ、味をしみやすくするなどのほか、表皮下にたまっている不安なものを減らすのに有効です。

 

煮物の場合はまず調味せずに水から煮て、かぼちゃの表面が透き通ってきたころに一度ゆでこぼして。この方法ならお湯に農薬が溶け出すので、輸入物でも安心感が増します。あらためて水を加え、調味しましょう。ただし、揚げ物などで一度ゆでるのがむずかしい場合は、なるべく国内産のかぼちゃを
使いましょう。

 

ベジセーフの通販での注文や購入方法、購入時の送料はどのくらいかかるのか、無料になるのか、お試しセットがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Facebook、Twitter、などのSNS、公式サイト、@コスメや楽天、amazon、ドラッグストア、薬局、店舗、などの情報を調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試し、無料サンプルやトライアルの体験談や評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にベジセーフを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値や格安価格お得な割引などベジセーフについての購入時のお得情報も調べています。