キャベツ・白菜・レタス・ほうれん草・小松菜・春菊についた残留農薬を落とす

キャベツ・白菜・レタス・ほうれん草・小松菜・春菊についた残留農薬を落とす

 

葉野菜は生食する機会が多い野菜です。こんな時はしっかり残留農薬を落とすようにしましょう。ベジセーフなら葉野菜の間に入り込んだ残留農薬もしっかりと洗い落とします。

 

キャベツ・白菜・レタスについた残留農薬を落とす

外側の葉を1〜2枚捨てる。キャベツ、白菜、レタスなど、巻いている葉菜類の葉は、巻きの外側ほど古く、内側へ行くほど新しくなります。つまり、いちばん外側の葉はいちばん長い間農薬を浴び、ダイオキシンの危険にもさらされていたことになります。大気中のダイオキシンのうち、ガス状のものはこうした葉菜類の葉の裹にある気孔から呼吸とともに吸い込まれ、葉の表皮下のクチクラ層にためこまれます。付着しただけのダイオキシンは流水でしっかり洗えば落ちますが、吸い込まれたものはなかなか落ちません。

 

また、これらの野菜は病害虫に弱いので、残留農薬の不安も少なくありません。外葉はもったいなくても1〜2枚捨てましょう。残留農薬もダイオキシンも、大部分はいちばん外側の古い葉にあるので、この方法だけでも安心度はグンとアップします。次に、できればサッとゆでこっぼしを。生の歯ざわりを楽しみたいときは、切ってからしばらく水にさらしましょう。

 

 

ほうれん草・小松菜・春菊についた残留農薬を落とす

流水につけてから振り洗い。そのあとは切ってからゆでる。わかる範囲でよいので産地にも要注意。

 

ほうれん草・小松菜・春菊といった葉菜類は、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄などが豊富で、緑黄色野菜のなかでもエリート的存在です。しかし、病害虫に弱いため殺菌剤、殺虫剤などの残留農薬が多い、化学肥料の使いすぎによって硝酸塩が多いなど、不安の多い野菜でもあります。おまけにダイオキシン汚染に関しても、これらの葉菜類は最も注意の必要な野菜です。大気中のダイオキシンが気孔から呼吸によって葉のクチクラ層にとり込まれており、キャベツのように外側の葉を除くということもできないからです。

 

厚生省の「食品中のダイオキシン汚染実態調査研究班」が平成8年度に初めて実施した野菜、果実等の調査の結果でも、ほうれん草は群を抜いて高い数値を示しています。気をつけるポイントは、ダイオキシン汚染に関しては産地。一般ごみや産業廃棄物の焼却場が近かったり、付近でよく野焼きをしているような土地で育ったものは汚染濃度も高いと考えられます。わかる範囲でかまわないので、産地には注意を払いましょう。汚染が疑われる土地のものは、あまりたくさんは食べないほうが無難です。

 

一方、農薬と硝酸塩の危険を減らすキーワードは、「切ってからゆでる」。まず流水に5分ほどつけ、次に水を流したまま5回くらい振り洗い。これで表面についている農薬が落ちます。それから一口大に切り、1分ほどゆでます。この1分といのが、ビタミンCを減らさず、クチクラ層まで浸透していた不安な物質を除くためのベストの時間です。春菊をなべ物に使う場合も、生のまま入れず、一度ゆでたほうが安心。選ぶときは、ほうれん草なら根の赤みが強く、根元に近い部分から葉が密生しているもの。小松菜は枝根がたくさん出ていて葉肉の厚いもの。春菊も枝根がたくさん出ていて、軸が長すぎないものを。すべて生育条件がよい証拠です。

 

ベジセーフの通販での注文や購入方法、購入時の送料はどのくらいかかるのか、無料になるのか、お試しセットがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Facebook、Twitter、などのSNS、公式サイト、@コスメや楽天、amazon、ドラッグストア、薬局、店舗、などの情報を調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試し、無料サンプルやトライアルの体験談や評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にベジセーフを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値や格安価格お得な割引などベジセーフについての購入時のお得情報も調べています。