玉ねぎやネギ、ブロッコリー、カリフラワーの残留農薬を落とす方法

玉ねぎやネギ、ブロッコリー、カリフラワーの残留農薬を落とす方法

 

 

玉ねぎなどの根菜やブロッコリー、カリフラワーといった野菜は、比較的残留農薬は少ないと言われていますが、それでも安心はできませんので、ベジセーフでしっかりと残留農薬を落としましょう。

 

玉ねぎやねぎの残留農薬を取り除く

外側の皮をむく。玉ねぎもねぎ(白いところ)も食べる部分は地中にあるので、残留農薬の心配はほとんどありません。ダイオキシン汚染についても、なすやきゅうりなど果菜類と同しように考えればよく、しっかり洗えばまずだいじょうぶ。玉ねぎは上下を切り落として茶色い皮をむき、薄切りにして塩を振り、流水の中でもみ洗いします。ふきんなどで水気をとればOK。

 

不安な物質が残っていたとしても、これで安心です。ただし、輸入ものはポストハーベスト農薬の心配があるので、なるべく国内産を。ねぎは、外側の皮を1枚むきましょう。この方法で、表皮だけでなく、表皮下のクチクラ層ごととり除くことができます。小口切りにして水にさらせば、さらに万全。

 

ブロッコリー・カリフラワの残留農薬を取り除く

小房に分けてからゆでる。ブロッコリー、カリフラワーともに食べる部分(花球)が外葉におおわれているため、農薬はあまりかかっておらず、ダイオキシン汚染の心配も少ないと思ってよいでしょう。ゆでるときは農薬の溶出面積を大きくするため、小房に分けてから。これで不安なものも切り囗からお湯に溶け出します。カリフラワーをゆでるとき、白くなるからとお湯に小麦粉を入れるのは、農薬が溶け出しにくくなるのでバツ。塩と酢を加えれば、白くきれいに茹で上がり農薬の除去にも効果があります。

 

ベジセーフの通販での注文や購入方法、購入時の送料はどのくらいかかるのか、無料になるのか、お試しセットがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Facebook、Twitter、などのSNS、公式サイト、@コスメや楽天、amazon、ドラッグストア、薬局、店舗、などの情報を調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試し、無料サンプルやトライアルの体験談や評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にベジセーフを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値や格安価格お得な割引などベジセーフについての購入時のお得情報も調べています。